gosyo3

桐壷をめぐる人々 ~超訳源氏物語「桐壷」~ その十四

⑭噂話

 

「あ~、もうなんか、ね」

「いなくなっちゃったわね」

「あっという間だったわね~!!」

「誰の呪詛が効いたのかしら?一番の祈祷師、紹介してほしいわ」

「みんなじゃないの~?」

「数~?うん、まあそうかもね。桐壷の床下とか、なんかないか探してみたいわね」

「おお怖っ!でもこれで宮中にも平和が戻って来るかしら」

「いやぁ~どうだろう?共通の敵がいなくなったってだけで、あんまり変わらないんじゃないのかなあ」

「まあねえ。しかし、いなくなっちゃうと、なんだか張り合いがないって言うか」

「確かに。よく考えたらさ、あの人、そんなに悪い人でもなかったんじゃないかな~って」

「でた!!死人は悪く言わないタイプ!!」

「いやいや、まあ、ねえ。弘徽殿女御さまとか後涼殿の先輩とかはさ、いってみれば直接的な被害を受けたと言えるわけじゃない?だから徹頭徹尾悪く言うのも分かるのよ。でもさ、私達、私『達』って言うけどさ、私達は桐壷更衣が他の誰かでも、今の生活に変わりはないんじゃないかなと思うのよねえ」

「う…うんまあ、そうかも…」

「そう思って冷静に考えてみると、桐壷更衣って、そんなに悪い人だったかなあと思ってみたりするわけよ」

「あれだけひどい事されても、仕返しとか帝にチクるとかなかったわね。誰かを睨んだとかいうことさえなかったような」

「そうなのよねえ|

「帝があの更衣を偏愛したから腹が立ったわけで」

「身分が低いくせにね」

「でもそれは、どれも桐壷更衣のせいじゃないのよこれが」

「たしかに」

「うちの父なんか『なんや可愛らしいお人やったのになあ』とか言ってるわよ」

「マジで。今さら感満載」

「でしょ~。びっくりするわよね。でもさ、あのリアルキング&プリンスを産んじゃう人なんだから、実際かわいい顔してたのよ」

「帝好みのね。あ~でもホント、いなくなってみると、いい人だったって思えてきちゃうわよね。人の心って言うのは、そんなもんよね」