sisinnden

桐壷をめぐる人々 ~超訳源氏物語「桐壷」~ その壱

わたくしは靫負命婦という、後宮で帝にお仕えしている女官でございます。読みにくい名前かと存じますが、「ゆげいのみょうぶ」とお呼びくださいませ。わたくしのボスが誰であったかは、今は伏せておきますけれども、さあ、わたくしの勤務先であります後宮には、本当に沢山の姫さま方が、帝の后、あるいは后候補としてお住まいなのでございます。

後宮にお住いの方々には、トップの中宮様をはじめとして厳密に位が決まっております。中宮様と言うのは帝のご正室のことで、帝お一人に付きただお一人、公家の中でも上流の家柄の方から選ばれるのでございます。ちなみにボスの中宮様はまだ決まっておりませんが、まもなく我が国の政財界を代表するような、誰が見てもセレブな家柄出身のお嬢様が選ばれることでございましょう。

たくさんの女性が、帝一人をめぐってひしめき合っているこの世界において、やはり中宮様になる方、あるいは帝に愛されるような方には何らかの説得力が必要だろうと存じます。説得力とはつまり、誰もが羨む高貴な血筋や美貌。このような生まれながらの物は、努力でどうにかなるものではございません。だからこそ、そのようなものをお持ちの方が帝に愛されるのは当然のことであり、それらを持たない者が帝に愛されないのも仕方がないのだと、皆さま納得されるのでございます。

ところが、わたくしのボスはこれらの条件に当てはまらない方をご寵愛になったのでございます。その方は桐壷更衣、きりつぼのこういと呼ばれる方でございます。

わたくしの名前もそうでございますが、この桐壷更衣という名前は、「山田花子」さんという名前とはいささか性質が違っておりまして、「桐壷」というのはお住まいの部屋の名、更衣というのは身分を表しているのでございます。まあ、そちら風に申しますと「総務部課長」、あるいは「東京のおばさん」と同じようなものかと存じます。

蛇足ながらわたくしの名前「靫負命婦」もこの式にのっとっておりまして、父、兄、夫のいずれかが靫負(軍隊)にいる女官、という意味でございます。女官の位にも色々ありますが、それはまあ、別の話でございますね。

さて、命婦というのは女官の位で、后になるような対象ではございません。后になり得る身分は女御(にょうご)と更衣で、中宮は女御の中から選ばれる事になっております。また、女御になるのか更衣になるのかは、出身の家柄によって、自ずと決まる事になっております。個人としての能力よりもすべては生まれ、家柄で立場が決まってしまうのがこの時代のルールなのだと、ご理解くださいませ。

先ほどからしつこく申し上げておりますが、この後宮には本当に多くの女性がおられます。そんな中、そもそも中宮になる資格のない方が、帝の尋常ならぬ寵愛を受けてしまったのでございます。ええ、それはもう、後宮、いや宮廷中にとっては大事件なのでございますよ。

現在、後宮ではどうやら桐壷更衣様の噂話が、さざ波のように広がり始めているようでございます。そうしてその噂は、やがて宮廷中を巻き込む壮絶な嫉妬と羨望の矢となって、桐壷更衣様を苦しめることになっていくのでございます。